通知を受け取る

UiPath Document Understanding

UiPath Document Understanding

20.10.4

Release date in AI Fabric Lite: 4 November 2020

Release date in AI Fabric On Prem: 19 November 2020

新機能と改良点

日本語の請求書用に新しいモデルを追加しました。

評価パイプラインが [分類フィールド] のメトリックも返すようになりました。

Microsoft Read OCR v3 をサポートするようになりました。

「日/月/年」と「月/日/年」の日付形式を正しく検出するために、日付の書式設定/解析に改良を加えました。

数字を正しく解析するために、小数点と桁区切り文字の検出に改良を加えました。

CPU でのトレーニングが AI Fabric の全バージョンでサポートされます。

Improved parsing of fields with content-type id-no です。

[分類フィールド] のみのトレーニングをサポートするようになりました ([通常フィールド] または [列フィールド] は含まない)。

許可されているフィールドの最大数が 32 から 40 に増えました。

[列フィールド] の信頼レベルを報告できるようになりました。

既知の問題

When creating a UiPath.DocumentUnderstanding.ML.Activities Package in AI Center, the package name should not be any python reserved keyword, such as class , break from finally global None, etc. Note that this list is not exhaustive since the package name is used for class <pkg-name> and import <pkg-name> です。

5 か月前に更新


20.10.4


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。