通知を受け取る

UiPath Document Understanding

UiPath Document Understanding

OCR サービス

OCR サービスについて

OCR サービスは以下の目的で使用されます。

  • Document Manager にドキュメントをインポートしてデータのラベル付けを行う際に使用されます。この手順で使用できるエンジンは、UiPath Document OCR、Google Cloud Vision OCR、Microsoft Read OCR です。
  • 実行時に RPA ワークフローからモデルを呼び出すとき。このステップで利用可能なエンジンは、上記をはじめとする UiPath RPA プラットフォームに統合されているすべてのエンジンと、Abbyy Finereader、Microsoft OCR (レガシ)、Microsoft Project Oxford OCR、Tesseract です。

In production, we recommend calling the OCR using the Digitize Document activity in your workflow and passing the Document Object Model as input to the activity calling the ML model. For this purpose, you need to use the Machine Learning Extractor activity (Official feed).

テストをすばやく簡単に実施するために AI Center ([設定] ウィンドウ) で OCR を直接設定することもできますが、これは運用環境のデプロイでは推奨されません。

Document Manager および AI Center の Document Understanding ML パッケージの OCR サービスを設定する

以下の表に、Document Manager と AI Center の両方でサポートされている 6 種類の OCR エンジンの設定方法を示します。

🚧

Warning

ocr.method 引数は、AI Center の ML パッケージの作成ビューにある [OCR エンジン] ドロップダウンに対応しています。

OCR EngineOCR MethodOCR KeyOCR URL
UiPathUiPath Document OCRUiPath Automation Cloud
Document Understanding API Key
Enterprise Plan
http://<IP_addr>:<port_number>
GoogleGoogle Cloud Vision OCRGCP Console API Keyhttps://vision.googleapis.com/v1/images:annotate
Microsoft Read 2.0 On-PremMicrosoft Read OCRNonehttp://<IP_addr>:<port_number>/vision/v2.0/read/core/Analyze
Microsoft Read 2.0 AzureMicrosoft Read OCRAPI Key for your resource from Azure Portal<Azure_resource_Endpoint>/vision/v2.0/read/core/asyncBatchAnalyze
Microsoft Read 3.2 On-PremMicrosoft Read OCRNonehttp://<IP_addr>:<port_number>/vision/v3.2/read/analyze
Microsoft Read 3.2 AzureMicrosoft Read OCRAPI Key for your resource from Azure Portal<Azure_resource_Endpoint>/vision/v3.2/read/analyze

19 日前に更新


OCR サービス


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。