通知を受け取る

UiPath Data Service

UiPath Data Service ガイド

Data Service の設定チェックリスト

概要


Data Service をオンプレミス環境にインストールして有効化した後は、このガイドのチェックリストを使用して Data Service が正しく機能しているかどうかを評価します。

評価ガイド


ホーム ページのユーザー エクスペリエンス

  1. Automation Suite のホーム ページの左側に [Data Service] タブが表示されます。
  2. [その他のオプション] メニューには、[チョイス セット]、[アクセス権を管理]、[API アクセス] のオプションが表示されます。
  3. [エンティティ] ページのヘッダーでは、[インポート/エクスポート][Studio で使用][更新] の操作が行えます。

エンティティを編集する

  1. [エンティティ] ページで [新しいエンティティを作成] ボタンをクリックすると、画面右側に [エンティティを作成] パネルが開きます。
  2. レビューできるエンティティの場合、各エンティティをクリックすると、[フィールド] ページにリダイレクトされます。
  3. 新しいフィールドを追加すると、ページ ヘッダーおよび [データ] タブの [新しいデータを追加] ボタンがアクティブになります。
  4. フィールドまたはエンティティを削除するには、フィールド名またはエンティティ名を入力して確定する必要があります。

チョイス セットを編集する

  1. [チョイス セット] ページで [チョイス セットを追加] ボタンをクリックすると、画面右側に [チョイス セットを作成] パネルが開きます。
  2. レビューできるチョイス セットの場合は、対応する [編集] ボタンをクリックすると画面右側に [チョイス セットを編集] パネルが開きます。
  3. チョイス セットを削除するには、チョイス セット名を入力して確定する必要があります。

ファイル フィールドを使用する

Data Service では、Studio または Data Service 専用のアクティビティを使用してファイルをアップロードしたりファイルをダウンロードしたりするためのファイル フィールドを追加できます。

ファイルをアップロードする

  1. 任意の Data Service エンティティに File 型のフィールドを作成します。
  2. [データを追加] ボタンをクリックします。
  3. 画面右側にパネルが開き、エンティティの File 型フィールドにお使いのコンピューターからファイルをアップロードできます。
  4. トランザクション ID を入力して [保存] をクリックします。ファイルは、エンティティの新しいレコードとして記録されます。

ファイルをダウンロードする

  1. [エンティティ] ページで、File 型フィールドが含まれるエンティティをクリックします。
  2. [データ] タブに切り替えます。
  3. File 型フィールドが設定されたレコードを特定します。
  4. 対応する [その他のオプション] メニューをクリックします。
  5. [ダウンロード] を選択してファイルをコンピューターにダウンロードします。

ロールを編集する

ロールを割り当てる

  1. [アクセス権を管理] > [ロールを割り当て] ページでは、ロールを割り当てることができるユーザーとグループを確認できます。
  2. ページ ヘッダーの [ロールを割り当て] ボタンをクリックすると、画面右側に [ロールを割り当て] パネルが開きます。ロールを割り当てるユーザーまたはグループを検索し、目的のロールを選択します。
  3. ロールを割り当てることができるユーザーまたはグループの場合は、対応する [編集] ボタンをクリックすると画面右側に [ロールを編集] パネルが開きます。
  4. ユーザーまたはグループを削除すると、この操作の永続的な結果が表示されます。

ロールを作成する

  1. [アクセス権を管理] > [ロール] ページでは、割り当てに使用できる標準ロールとカスタム ロールを確認できます。
  2. ページ ヘッダーで [新しいロールを作成] ボタンをクリックすると、画面右側に [ロールを作成] パネルが開きます。
  3. 割り当てることができるカスタム ロールがある場合は、対応する [編集] ボタンをクリックすると画面右側に [ロールを更新] パネルが開きます。
  4. 標準ロールは読み取り専用であるため、対応する [表示権限] ボタンをクリックすると画面右側に [ロールを表示] パネルが開きます。
  5. ロールを削除するには、ロール名を入力して確定する必要があります。

Data Service を他の UiPath アプリケーションに接続する

  1. こちらで説明している手順に従って Studio に Data Service のエンティティをインポートします。
  2. こちらで説明している手順に従って Apps に Data Service のエンティティを追加します。

Data Service API を使用する

  1. [Data Service] ページのヘッダーで [その他のオプション] メニューをクリックします。
  2. [API アクセス] を選択します。ポップアップ ウィンドウが開き、OpenAPI リンクをコピーするか、OpenAPI ファイルをダウンロードするよう求められます。

確認を完了する


上記チェックリストの確認が終了したら、Automation Suite によって提供されるオンプレミス環境で Data Service を管理するための準備は完了です。
早速使用を開始しましょう。

5 か月前に更新

Data Service の設定チェックリスト


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。