通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

2021.10.4

Release date: 29 July 2022

更新内容


Automation Suite が RHEL 8.6 をサポートするようになりました。

 

Release date: 7 April 2022

更新内容


RHEL のサポート対象のバージョンの追加

Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8.5 を実行するマシンに Automation Suite をインストールできるようになりました。この新しいバージョンの RHEL は、すべての Automation Suite 2021.10 ビルドでサポートされています。

ポートの新しい要件

内部通信に使用するノード ポートの要件を更新しました。現在は、30000 - 32767 の範囲のポートではなく、ポート 30071 のみを有効化する必要があります。

改良点


We have updated the MongoDB certificate rotation. MongoDB certificates are now automatically renewed. If you want to renew certificates manually, check the MongoDB manual certificate update for Apps users page.

バグ修正


  • Previously, although correctly added as part of configuring the Active Directory integration, the Kerberos keytab secret (global.userInputs.identity.krb5KeytabSecret) was lost after upgrading to a newer version.
    21.10.4 にアップグレードをしたら、keytab シークレットを再度追加してください。以降のアップグレードでは、この問題は発生しません。

  • Integrated authentication in SQL connection strings did not work in Automation Suite 2021.10.2 and 2021.10.3. We have fixed the issue. For instructions on how to configure SQL connection strings with AD integrated authentication, see Setting up Kerberos authentication.

 

バンドルの詳細


Automation Suite の各コンポーネントの変更点は、以下のリンクから確認できます。
コンポーネントが灰色表示されている場合は、この新しいバージョンの Automation Suite ではそのコンポーネントに対する変更はありません。

開発
Automation Ops

2021.10.1

Computer Vision

2021.10.1

協働
Action Center

2021.10.1

Apps

2021.10.2

この Automation Suite のリリースがバンドルする内部コンポーネントの詳細については、こちらをクリックしてください。

Component

Version

RKE2

v1.21.4+rke2r2

ArgoCD

v2.1.7

rook-ceph

v1.7.9

cert-manager

1.2.0

rancher

2.6.0

longhorn

1.2.2

longhorn-crd

1.1.100

reloader

v0.0.89

csi-driver-smb

v1.4.0

rabbitmq-operator

1.5.0

redis-operator

6.2.8-11

redis-cluster

6.2.8-53

mongodb

4.4.4-ent

docker_registry

2.7.1

self_heal_operator

0.0.1

11 日前に更新


2021.10.4


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。