通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

ObjectStore ストレージを最適化する

このページでは、ストレージの最適化によるメリットをいつ、どのように得られるかについて説明します。

🚧

重要

ストレージの最適化は、マルチノードの高可用性対応運用環境のデプロイでのみ必要です。シングルノードの評価デプロイでは不要です。

2022.4 より前のバージョンでは、Ceph はレプリケートされたデータ プールを使用していました。この種類のデータ プールは、50 GiB のオブジェクトを保存するのにクラスター全体で 900 GiB のスペースを要します。レプリケートされたプールではなく、イレイジャー コーディングされたプールを選択すれば、同じ 50 GiB のオブジェクトの保存に必要なストレージ スペースが 900 GiB から 450 GiB に減ります。

You can optimize Objectstore storage only if the Ceph version running within your Automation Suite cluster is 15.x.

Automation Suite クラスターで Ceph 15.x をホストするシナリオは次のとおりです。

  • Automation Suite 2022.4.0 の新規インストール
  • Automation Suite 2021.10.0、2021.10.1、2021.10.2 の既存のインストール
  • Automation Suite 2021.10.0、2021.10.1、2021.10.2 から 2022.4.0 へのアップグレード

Automation Suite 2021.10.3 and 2021.10.4 hosts Ceph 16.x, where you cannot take advantages of an optimized Objectstore storage. We are working on providing a solution for this.

🚧

重要

Ceph 15.x を使用する場合、ストレージの最適化を実行すると、データの破損に対するフォールト トレランスが低下します。最適化されたストレージを活用する場合、Automation Suite 内で実行されるストレージ レプリカが一度に 1 つ破損しても許容できます。複数のストレージ レプリカが失われると、データが失われる可能性が高くなります。ストレージ レプリカを回復する唯一の方法は、バックアップ データから復元する方法です (バックアップが構成されている場合)。

インストールされている Ceph のバージョンを確認するには、任意のサーバー ノードで次のコマンドを実行します。

kubectl -n rook-ceph get deployment -l rook_cluster=rook-ceph -o jsonpath='{range .items[*]}{"ceph-version="}{.metadata.labels.ceph-version}{"\n"}{end}' | sort | uniq

次のサンプル出力は、ストレージの最適化でサポートされていない Ceph のバージョンを示しています。

ceph-version=16.2.7-0

ObjectStore ストレージを最適化するには、Ceph をレプリケーション アルゴリズムからイレイジャー コーディング アルゴリズムに移行する必要があります。次の表に、データを移行する方法を示します。

Migration Methods

Scenarios

Automated: Migrating Ceph data pool from replicated to erasure-coded type

Fresh installation of the Automation Suite cluster;
Automation Suite not being used at full capacity;
Less data uploaded in Ceph Objectstore.

Manual: Migrating Ceph data pool from replicated to erasure-coded type

Available storage in Ceph is less than 35%, and you can bring additional temporary SSD for migration.
The data stored in Objectstore is very critical and large. Makes it important to take the backup of data during migration.

4 か月前に更新


ObjectStore ストレージを最適化する


このページでは、ストレージの最適化によるメリットをいつ、どのように得られるかについて説明します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。