通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

デプロイ アーキテクチャ

このページでは、Automation Suite のアーキテクチャに関する洞察を提供し、インストーラーにバンドルされているコンポーネントについて説明します。

用語


ノードとは任意のマシン (ベア メタル、仮想マシンなど) です。

Kubernetes クラスターとは、コンテナー化されたアプリケーションを実行する一連のノードです。

サーバー ノードは、クラスター管理サーバーを実行するマシン (ベア メタルまたは仮想) として定義します。

エージェント ノードは、ワーカー ポッド (機能サービス) を実行するマシンとして定義します。マシンは、サーバーとエージェントの両方として使用するように指定できます。デプロイ内に個別のサーバー ノードとエージェント ノードを設けるかどうかは、トポロジ設計上の判断になります。

オフライン (エアギャップ) 環境とは、マシンがインターネットにアクセスできない設定を示します。

Resource request refers to the machine resources (CPU, memory) a product needs for an optimal installation and behavior. The associated resources are blocked for the entire product lifetime.

Resource utilization refers to the resource consumption of a product during its usage.

 

デプロイ モードとユース ケース


Automation Suite では、次の 2 つのデプロイ モードをサポートしています。

Deployment mode

Description

Single-node — evaluation

Supported for evaluation and demo scenarios.

Single-node evaluation profile requirements and installation

Multi-node — production, HA-enabled

Supported for production use.
You can perform additional configuration post-deployment to have full HA capabilities.

Multi-node HA-ready production profile requirements and installation

See Supported use cases for single-node and multi-node installations for more details on how to choose the deployment mode that you best suit your needs.

 

デプロイ アーキテクチャ


ノードの種類

11611161

サーバー ノードは、重要なクラスター操作 (ワークロード オーケストレーション、クラスター ステート管理など) を実行し、受信要求を負荷分散するクラスター管理サービス (制御プレーン) をホストします。Kubernetes は、いくつかの UiPath 製品や共有コンポーネントを、基になるリソースの可用性に基づいて実行することもできます。

エージェント ノードは、UiPath 製品と共有コンポーネントのみを実行します。

特殊なエージェント ノードは、Task Mining の分析や、GPU 機能を必要とする Document Understanding パイプラインなどの特別なワークロードを実行します。ただし、Task Mining および Document Understanding のコア サービスは、引き続きサーバー ノードまたはエージェント ノードで実行されます。特殊なエージェント ノードは、UiPath 製品や共有コンポーネントをホストしません。

🚧

注:

Automation Suite では、各ノードでどの UiPath 製品が実行されるかを保証できません。これは Kubernetes によってのみ管理されます。

 

シングルノードの評価デプロイ

ここでのシングルノードの評価デプロイとは、シングルサーバー ノードを意味します。これは、Automation Suite 全体を 1 つのマシンにデプロイするという意味ではありません。製品スイート全体が 1 つのサーバー ノードに収まらない場合、または Task Mining の分析や、GPU 機能を必要とする Document Understanding パイプラインなどの特殊なタスクを実行する場合は、エージェントまたは特殊なエージェント ノードを追加しなければならないことがあります。

667667

 

マルチノードの高可用性対応の運用デプロイ

マルチノードの高可用性対応の運用環境のデプロイでは、ロード バランサーの背後に 3 つ以上のサーバー ノードが含まれます。これにより、障害が発生していずれかのサーバー ノードがダウンした場合でも、引き続き Automation Suite を利用して重要なビジネス ワークフローを確実に実行できます。エージェント ノードの数は任意であり、実際の使用状況に基づきます。

939939

 

High Availability Add-on

マルチノード設定では、高可用性 (HA) が既定で有効化されます。ただし、クラスター サービスが使用する Redis ベースのインメモリ キャッシュは単一のポッドで実行され、単一障害点となります。キャッシュ ノードの障害や再起動の影響を軽減するには、冗長性を備えたマルチポッドのキャッシュのデプロイを可能にする High Availability Add-on (HAA) を購入してください。

For more details on how to enable HAA in a multi-node setup, see Enabling High Availability Add-on for the cluster.

 

オンライン デプロイ

オンライン デプロイとは、Automation Suite のインストール時と実行時の両方でインターネットへのアクセスが必要であることを意味します。すべての UiPath 製品とサポート ライブラリは、UiPath レジストリ、または UiPath が信頼するサードパーティ ストアでホストされます。

You can restrict access to the internet with the help of either a restricted firewall or a proxy server, by blocking all the traffic over the internet other than what is required by Automation Suite. This type of setup is also known as semi-online deployment. For more details, see Configuring the firewall and Configuring the proxy server.

These types of deployments are easier, faster, and require fewer hardware resources to install and manage as compared to offline deployments.

20622062

 

オフライン デプロイ

オフライン デプロイ (エアギャップ) とは、インターネットへのアクセスがない、完全に分離された設定です。この種類の設定では、UiPath 製品のすべてのコンテナー イメージとバイナリ (tarball の形式で提供) を保存するレジストリを追加でインストールする必要があります。

19561956

📘

重要

バイナリ (ハイドレーション) をレジストリにアップロードすると、オンライン デプロイと比較して、ハードウェア要件が高くなって負担が増えるほか、追加のプロセスの点でインストールが複雑化し、インストール時間も増加します。オフライン インストールでは、インストール時の複雑さだけでなく、マシンのメンテナンス、障害復旧、新バージョンへのアップグレード、セキュリティ パッチの適用など、クラスター管理操作も増えます。

インストール後にデプロイ方法を変更することはできません。つまり、インストールをオンラインで行った場合、オフラインに変更することはできません。また、その逆の変更もできません。慎重に検討した上でデプロイ戦略を選択することをお勧めします。

 

Automation Suite のアーキテクチャ

12801280

Automation Suite のインストーラーには、必須および任意のコンポーネントの両方がバンドルされています。
次の表に、それらのコンポーネントのリストを示します。

Component

Optional/Required

Description

RKE2

Required

Rancher-provided Kubernetes distribution. It is the container orchestration platform that runs all the architectural components and services.

Rancher Server

Required

Rancher’s Kubernetes management tool.

Longhorn

Required

Rancher-provided distributed block storage for Kubernetes. It helps expose external storages inside Kubernetes clusters for workloads to claim and use like mounted persistent storage.

CEPH Object Store

Required

Open-source storage provider that exposes Amazon S3-compliant object/blob storage on top of persistent volumes created by Longhorn. It enables services to use blob storage like functionality for their operations.

Argo CD

Required

Open-source declarative CD tool for Kubernetes. It follows the GitOps pattern of using Git repositories as the source of truth for defining the desired application state. It provides application lifecycle management (ALM) capabilities for Automation Suite components and UiPath services that run in a Kubernetes cluster.

Docker registry

Required

Open-source docker registry used for pushing and pulling install time and runtime container images in your premises.

Istio

Required

Open-source service mesh that provides functionality such as ingress, request routing, traffic monitoring etc., for the microservices running inside the Kubernetes cluster.

Prometheus

Required

Open-source system monitoring toolkit for Kubernetes. It can scrape or accept metrics from Kubernetes components as well as workloads running in the clusters and store those in time series database.

Grafana

Required

Open-source visualization tool used for querying and visualizing data stored in Prometheus. You can create and ship a variety of dashboards for cluster and service monitoring.

Alertmanager

Required

Open-source tool that helps handling alerts sent by client applications such as the Prometheus server. It is responsible for deduplicating, grouping, and routing them to the correct receiver integrations, such as email, PagerDuty, or OpsGenie.

Redis

Required

Redis Enterprise non-HA (single shard) used by some UiPath services to get centralized cache functionality.

RabbitMQ

Required

Open-source reliable message broker used by some UiPath services to implement asynchronous execution patterns.

MongoDB

Optional

MongoDB is a source-available cross-platform document-oriented database program. Classified as a NoSQL database program, MongoDB uses JSON-like documents with optional schemas. MongoDB is deployed only when UiPath Apps is enabled

FluentD and Fluentbit

Required

Open-source reliable log scraping solution. The logging operator deploys and configures a background process on every node to collect container and application logs from the node file system.

Gatekeeper

Required

Open-source tool that allows a Kubernetes administrator to implement policies for ensuring compliance and best practices in their cluster.

 

外部コンポーネント

外部ロード バランサー、SQL Server、BLOB/ファイル ストレージ、Key Vault、ログ シンク、通知ツールなど、外部コンポーネントもいくつか導入する必要があります。スイートでは、いくつかの拡張ポイントが提供されています。

2 か月前に更新


デプロイ アーキテクチャ


このページでは、Automation Suite のアーキテクチャに関する洞察を提供し、インストーラーにバンドルされているコンポーネントについて説明します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。