通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

リリース ノート

このページでは、AWS のデプロイ テンプレートに関するすべての変更と改善を記載します。

2022 年 9 月 7 日

AWS template version: 2022.4.4
Automation Suite バージョン: 2022.4.1


改良点

バグ修正

  • 現在は、ルート スタックとネストされたスタックの両方で VPCCIDR の検証が成功するようになりました。

 

2022 年 8 月 11 日

AWS template version: 2022.4.3
Automation Suite バージョン: 2022.4.1


更新内容

  • AWS のデプロイ テンプレートを使用して Automation Suite 2022.4.1 をインストールできるようになりました。

 

2022 年 7 月 27 日

AWS template version: 2022.4.2
Automation Suite version: 2022.4.0


バグ修正

  • 起動ライフサイクル フックが完了せず、インストール後のスケールアウト操作中にエラーが発生していました。

 

2022 年 7 月 25 日

AWS template version: 2022.4.1
Automation Suite version: 2022.4.0


更新内容

  • We have added an SSM document that updates the AMI ID for the server and agent Automatic Scaling Groups. For more details, see Performing cluster operations section.

改良点

  • CloudWatch での GPU ノードのインストールに関するログが公開されるようになりました。

  • Following a successful installation, newly created instances transition in the InService state.

バグ修正

  • GPU ノードのインストールに失敗した場合は、タイムアウトではなく障害信号が送信されるようになりました。

 

2022 年 6 月 12 日

AWS template version: 2022.4.0
Automation Suite version: 2022.4.0


改良点

  • We have changed the pattern for the VPC CIDR parameter to allow /24 です。

 

2022 年 5 月 27 日

AWS template version: 2022.4.0
Automation Suite version: 2022.4.0


更新内容

  • AWS のデプロイ テンプレートから Data Service をインストールできるようになりました。
  • インスタンスのライフサイクル フックのサポートを開始しました。これにより、インスタンスが終了するとノードが自動的かつ正常に削除されます。
  • 管理者アカウントと読み取り専用の ArgoCD アカウントの両方を使用できるようになりました。両方のオプションで出力が利用できます。

20 日前に更新


リリース ノート


このページでは、AWS のデプロイ テンプレートに関するすべての変更と改善を記載します。

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。