通知を受け取る

UiPath Automation Suite

UiPath Automation Suite ガイド

GPU がサポートされた専用のエージェント ノードを追加する

📘

重要

現在、Automation Suite でサポートされているのは、Nvidia GPU ドライバーのみです。GPU がサポートされているオペレーティング システムのリストをご覧ください。


クラウド固有のインスタンスの種類について詳しくは、以下をご覧ください。


GPU がサポートされている専用エージェントを追加する前に、ハードウェア要件を確認してください。

マシンに GPU ドライバーをインストールする


📘

重要

GPU driver is stored under /opt/nvidia and /usr folder. It is highly recommended that these folders should be at-least 5 GiB and 15 GiB respectively on GPU agent machine.

  1. エージェント ノードに GPU ドライバーをインストールするには、次のコマンドを実行します。
sudo yum install kernel kernel-tools kernel-headers kernel-devel 
sudo reboot
sudo yum install https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm
sudo sed 's/$releasever/8/g' -i /etc/yum.repos.d/epel.repo
sudo sed 's/$releasever/8/g' -i /etc/yum.repos.d/epel-modular.repo
sudo yum config-manager --add-repo http://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/rhel8/x86_64/cuda-rhel8.repo
sudo yum install cuda
  1. コンテナー ツールキットをインストールするには、次のコマンドを実行します。
distribution=$(. /etc/os-release;echo $ID$VERSION_ID) \
          && curl -s -L https://nvidia.github.io/nvidia-docker/$distribution/nvidia-docker.repo | sudo tee /etc/yum.repos.d/nvidia-docker.repo
sudo dnf clean expire-cache && sudo dnf install -y nvidia-container-toolkit
sudo yum install -y nvidia-container-runtime.x86_64
ドライバーが正常にインストールされているかどうかを確認します。

実行 sudo nvidia-smi command on the node to verify if the drivers were installed properly.

677677

📘

注:

クラスターがプロビジョニングされた後、プロビジョニングされた GPU を構成するには追加の手順が必要です。

この時点で、GPU ドライバーがインストールされ、GPU ノードがクラスターに追加されています。

 

クラスターに新しいノードを追加する


手順 1: マシンを構成する

ディスクが正しくパーティション分割され、すべてのネットワーク要件が満たされるよう、マシンを構成する手順を実行します。

手順 2: 対話型のインストール ウィザードをインストール対象マシンにコピーする

オンライン インストールの場合

  1. 任意のサーバー マシンに SSH 接続します。

  2. Run the following command to copy the contents of the UiPathAutomationSuite folder to the GPU node (username and DNS are specific to the GPU node):

sudo su -
scp -r /opt/UiPathAutomationSuite <username>@<node dns>:/opt/
scp -r ~/* <username>@<node dns>:/opt/UiPathAutomationSuite/

オフライン インストールの場合

  1. 任意のサーバー ノードに SSH 接続します。

  2. Ensure that the /opt/UiPathAutomationSuite directory contains sf-infra.tar.gz file (it is part of the installation package download step )

scp -r ~/opt/UiPathAutomationSuite <username>@<node dns>:/var/tmp

手順 3: 対話型のインストール ウィザードを実行し、専用ノードを構成する

オンライン インストールの場合

  1. GPU ノードに SSH 接続します。
  2. 次のコマンドを実行します:
sudo su -
cd /opt/UiPathAutomationSuite
chmod -R 755 /opt/UiPathAutomationSuite
yum install unzip jq -y
CONFIG_PATH=/opt/UiPathAutomationSuite/cluster_config.json 

UNATTENDED_ACTION="accept_eula,download_bundle,extract_bundle,join_gpu" ./installUiPathAS.sh

オフライン インストールの場合

  1. SSH を介して GPU 専用ノードに接続します。
  2. 次のスクリプトを使用して、GPU 専用のノードにプラットフォーム バンドルをインストールします。
sudo su 
mv /var/tmp/UiPathAutomationSuite /opt
cd /opt/UiPathAutomationSuite
chmod -R 755 /opt/UiPathAutomationSuite

./install-uipath.sh -i ./cluster_config.json -o ./output.json -k -j gpu --offline-bundle ./sf-infra.tar.gz --offline-tmp-folder /opt/UiPathAutomationSuite/tmp --install-offline-prereqs --accept-license-agreement

クラスターで GPU を有効化する


  1. 任意のサーバー ノードにログインします。

  2. Navigate to the installer folder (UiPathAutomationSuite など)。

cd /opt/UiPathAutomationSuite
  1. 任意のサーバー ノードで次のコマンドを実行し、クラスターで GPU を有効化します。
sudo ./configureUiPathAS.sh gpu enable

6 か月前に更新


GPU がサポートされた専用のエージェント ノードを追加する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。