通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

2022.4

公開日: 2022 年 5 月 23 日

ビルドに含まれる機能

:star2: Customization of all built-in assessments from UiPath Automation Hub is now available:

基本情報の評価 ​(すべての提出フォームに含まれる)
概要評価 ([アイデアを共有] フォームに含まれる)
詳細評価 ([CoE のアイデアを共有] フォームに含まれる)
市民開発者用の評価​ ([オートメーションを共有] フォームに含まれる)
その他の情報の評価​ (すべてのオートメーション プロファイルに含まれる、[メリット]、[課題]、[得られた知見]、[メディア] および [類似のオートメーション] に関する質問を含む)

以下が、評価のカスタマイズ用に追加した 新機能 のリストです。

  • 既存の質問の文言変更・削除・並べ替え、新しい質問の作成、各種設定の適用、既存の KPI の式 (重みを含む) の変更、新しい KPI の定義を管理者ユーザーが行えるようになったため、組織における自動化候補案件のバックログの評価や優先度付けが行いやすくなりました。

  • また、バージョン履歴機能を使用すると、詳細評価のカスタマイズ時に適用された大幅な変更を把握できます。

  • 一括更新により、管理者ユーザーはすべてのアイデアの評価バージョンを特定のバージョンにしたり、特定の評価バージョンにリンクされているすべてのアイデアを別の評価バージョンに更新したりできます。

  • 評価のバージョンのアーカイブ機能を使用すると、現在使用されておらずアイデアにリンクされていない評価のバージョンをアーカイブできます。バージョンをアーカイブすると、そのバージョンは [アーカイブ済み] とマークされて [バージョン履歴] の下部に表示されます。また、評価のバージョンの変更権限を持つユーザーに対して、各オートメーション プロファイルで使用できる評価のバージョンのリストに表示されなくなります。

  • UiPath が提供する既定の評価に含まれている質問または KPIを再利用する場合に、既定の質問または KPI を復元できるオプションを追加しました。

  • すべての種類の質問で [回答を事前入力] オプションを利用できます。

  • カテゴリごとの評価: システム管理者が、使用している [カテゴリ] 構造に含まれる各カテゴリに対して異なる評価を構築したりカスタマイズしたりできるようになりました。この機能は、既存のすべての種類の評価に適用されます。
    :books: For more in-depth information about the new features and changes applied check out Customize assessments and Assessments per Category

:star2: 以下の新しい OpenAPI 呼び出しが利用できるようになりました。

  • POST Collaborators (コラボレーターを追加) - Automation Hub の既存のアイデアにコラボレーターを追加できます。
  • DELETE Collaborators (コラボレーターを削除) - Automation Hub の既存のアイデアからコラボレーターを削除できます。
  • GET Reviews (レビューを取得) - Automation Store の特定の項目に関するすべてのレビューを取得できます。
  • GET Automation Pipeline API call gets a new query/filter Parameter name: Published Options: yes/no in order to differentiate between ideas that are published to the Store vs the ones that are not.

:star2: New Integrations are available:

  • Automation Hub と Studio の連携: オートメーションのアイデアと Studio のプロジェクトを繋げることにより、アイデアの追跡性を向上させ、連続性を確保できるようになりました。
    • Studio では、任意のプロジェクトを Automation Hub 内の既存のアイデアにリンクできます。
    • Automation Hub では、[開発] フェーズで [開始前] ステータスにある任意のアイデアについて Studio で開発を開始するオプションが選択できます。

Note that Studio must be connected through interactive sign-in to an Orchestrator tenant where the Automation Hub service is enabled. See Linking a Project to an Idea in Automation Hub for more details.

  • Automation Hub - Assistant integration: enables employees to instantly access automations from the internal Automation Store directly from their Assistant. No need to switch between different tools to find automations. See Automation Store Widget for more details.

  • Automation Hub と Task Mining の連携: デスクトップ上で行われる日々のアクティビティを Task Mining で分析して自動化の機会を見つけた場合に、より迅速にオートメーション ジャーニーを前に進められるようになりました。

    • Task Mining による調査結果は、Automation Hub に直接エクスポートできます。
    • Automation Hub では、Task Mining から収集したデータに基づいて、新しいオートメーションのアイデアが作成されます。
      :information-source: For more information about the integration, check the Automation Hub integration article.

:link: Learn more in Automation Hub On Premise.

4 か月前に更新


2022.4


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。