通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

ロールとコラボレーター ロールを理解する

Within Automation Hub each user can have one or more Roles and, depending on the specific needs of an idea, to each user, regardless of their assigned Role(s), different Collaborator Roles can be assigned in order to allow them to contribute to the development of the automation idea.

ユーザーは、割り当てられたロールに基づいて Automation Hub プラットフォームからさまざまなセクションや機能にアクセスできます。コラボレーター ロールが割り当てられた場合、ユーザーには [アイデア プロファイル] ページの特定のセクションを編集できる権限が付与されますが、これらの権限はプラットフォーム上の他のアイデア プロファイルや他のページには適用されません。

ロールとコラボレーター ロールには次の違いがあります。ロールは、プラットフォームの特定のセクションや機能へのアクセス権を付与するものですが、コラボレーター ロールは、コラボレーターとして追加された特定のアイデアのプロファイル内にある特定のセクションを編集する権限を付与するものです。

ユーザー X とユーザー Y は CoE チームに属するビジネス アナリストです。Automation Hub テナントに追加され、既定で標準ユーザーのロールが割り当てられたため、オートメーション パイプラインのすべてのカテゴリを表示できます。さらに、2 人のユーザー アカウントでは「ビジネス アナリスト」のコラボレーター ロールが割り当てられたため、ビジネス アナリスト グループにも追加されています。この設定により、さまざまなオートメーション プロジェクトにおいて、ユーザー X と Y を分析フェーズを担当するコラボレーターとして割り当てることができます。

テナント内で 3 つのアイデアが共有されているとします。これらのアイデアをアイデア A、B、C と呼びます。

アイデア A には、ビジネス アナリストの専門知識が必要です。プログラム マネージャーはユーザー X を検索し、アイデア A のコラボレーターとして追加した後、コラボレーター ロールを「ビジネス アナリスト」に設定します。これにより、ユーザー X にはアイデア A の [オートメーション プロファイル] ページを編集する権限が付与されます。なお、ユーザー X はアイデア B と C のビジネス アナリストとして追加されていないため、これらのアイデアに対する編集権限はありません。

アイデア B には、ビジネス アナリストの専門知識が必要です。プログラム マネージャーはユーザー Y を検索し、アイデア B のコラボレーターとして追加した後、コラボレーター ロールを「ビジネス アナリスト」に設定します。これにより、ユーザー Y にはアイデア B の [オートメーション プロファイル] ページを編集する権限が付与されます。

なお、ユーザー Y はアイデア A と C のビジネス アナリストとして追加されていないため、これらのアイデアに対する編集権限はありません。

The default Collaborator Roles available in Automation Hub are created based on best practices and comprise the various functions that can be involved in the idea's journey still you can add other Collaborator Roles, customized as per your company's specific needs. This option allows you to define specific profiles while maintaining the naming convention from within your organization and helping your team get more accustomed to using the platform.

企業内で、ユーザー W は部署 E の小・中規模の自動化プロジェクトを担当する市民開発者です。

システム管理者は Automation Hub 内で「IT 開発者」のコラボレーター ロールを作成し、部署 E のアクティビティにリンクされているカテゴリに関してユーザー W にこのロールを割り当てることができます。部署 E のオートメーション プロジェクトを実装するために IT 開発者が必要になった場合、プログラム マネージャーはユーザー W を検索し、部署 E の一部のアイデアのコラボレーターとして追加した後、コラボレーター ロールを「IT 開発者」に設定できます。これにより、ユーザー W はコラボレーターとして割り当てられたアイデアの情報のみを編集でき、コラボレーターとして割り当てられていないアイデアは編集できません。

5 か月前に更新


ロールとコラボレーター ロールを理解する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。