通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

オートメーションを共有する

[共有] > [オートメーションを共有] をクリックすると、オートメーションの提出フォームが表示されます。このフォームは、4 つのセクションに分かれており、それぞれに、オートメーションに関連するすべての情報を収集するための複数のサブセクションがあります。

全般

Type in a suitable Name and Description for your automation. After this select the corresponding Categories.
:information-source: When choosing a category for the idea you can select an already existing one from the drop-down list or if you cannot find a suitable category, respond by selecting None of this apply. This option allows you to define a suitable category. It can contain up to 100 characters. When defining a new category please take into account the following:

  • 定義した新規カテゴリ エントリが [その他] フィルターの下に表示され、[ワークスペース] で特定のアイデアを検索する際に [カテゴリ] に適用できます。
  • 定義した新規カテゴリ エントリは、さらにアイデアを提出するためのオプションとしては表示されません。
  • アイデアの提出時に手動で作成された新規カテゴリ エントリはすべて、[管理コンソール] > [カテゴリ] には保存されません。カテゴリの一覧をクリーンに保つためです。
  • all the new category entries manually created while submitting ideas are found by accessing the Other filter option.
    For details about the Categories and how these are set up please check the Setting up and Managing the Categories.

[解決できる問題 (ペイン ポイント)] のセクションに、オートメーションで解決を目指す問題の詳細な説明を入力します。

プロセスの詳細

このセクションでは、自動化されるプロセスを定義する次のような各種パラメーターを選択できます。

  • プロセスの頻度: このプロセスの実行頻度を選択します。
  • プロセスのピーク: このプロセスのアクティビティ/ボリュームのピークに、どの程度の一貫性があるかを選択します。
  • 平均ボリューム: 選択した頻度でこのプロセスを実行する場合に、通常何回の繰り返し作業を行うかを入力します。
  • 見込まれる利益: このオートメーションを使用することで利益を得られる組織内のユーザーの数を入力します。

自動化前と自動化後

[自動化前と自動化後] では、プロセスの実装前後の情報を一覧にすることで、オートメーションの特性を明らかにすることができます。

  • プロセスの平均所要時間: このプロセスを 1 回実行するための所要時間を説明する、実装前後の値を入力します。
  • 平均エラー率: エラー発生率 (%) の実装前後の値を入力します。
  • 平均再作業時間: エラー修正に要する時間の実装前後の値を分単位で入力します。

ドキュメント

このセクションには、オートメーションに関して既に作成済みのドキュメントすべてが含まれます。以下のサブセクションで構成されます。

  • Source Code: upload your code (.zip, .xaml) or provide a link to the repository. Check here where to find the source code of your automation. The maximum file size is 50MB.
  • Applications Used: select from the list all the applications that are being used when performing the process described. This list was previously defined by the Program Manager in the Admin console > Platform Setup > App Inventory.
  • ユーザー ガイドとドキュメント: オートメーションの機能を説明する任意のドキュメントをアップロードします。ユーザー ガイドのほか、PDD や SDD のドキュメントも含まれます。
  • Media: upload here images and videos associated with the described automation.
    :video-camera: Uploading Video Files:
    • オートメーション プロファイル検索時の見やすさ、使いやすさを向上するには、プロファイルの [詳細] ページにビデオをアップロードすることをお勧めします。このページにはメディア プレイヤーが埋め込まれているためです。
    • Videos can also be uploaded in the Automation Profile Documentation page. Still, no media player is displayed in this case. The video file appears as a card with the download option.
    • ビデオの最大サイズは 200 MB で、使用できる形式は mp4 のみです。
  • コンポーネント: このオートメーションで使用するコンポーネントにタグを付けます。
  • コンプライアンスとプライバシー: アップロードする技術ドキュメントに機密情報や個人データ (例: 個人を特定できる情報) が含まれていないことを確認するためのチェックマークが追加されました。

設定の最後に、次の 2 つのオプションがあります。

  • Save draft and exit: this allows you to save the automation as a draft and resume working on it at a later time. The details of the automation saved this way are saved in Automation hub still they are visible only to you by accessing the Workspace > My Submissions > Draft view.
  • Submit for review triggers the review process described in the message below. Check the Automation Phase and Status page for details about the review process.

4 か月前に更新


オートメーションを共有する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。