通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

費用便益分析を実施する

On this page, the Project Manager is able to record the costs required for the automation idea implementation. These are processed by the system in order to compute the net benefit of automating this process. By clicking Edit the following fields become editable allowing you to add the specific information as follows:

プロジェクト計画

各実装フェーズの期間をきめ細かく設定します。

  • 評価フェーズでアルゴリズムによって計算された実装の容易性が表示されます。プロジェクト マネージャーが自身の経験からこの容易性が正確でないと見なした場合、簡単に上書きできます。
  • 実装期間に関するプロジェクト マネージャーの予測を用いて実装を開始する前に、[ベースライン] の表への入力が必要です。フェーズの完了に要する稼働日数がプラットフォームによって計算され、次のフェーズの開始日が自動的に設定されます。[ベースラインを設定] ボタンをクリックすると、この初期予測値を更新できなくなります。
  • The columns from the Actual & New Estimate need to be filled in as soon as the specified implementation phases have been completed. Within this table, the reality of the implementation progress is reflected by providing a clear view of the delta between the initial estimate and the actuals or new estimates.
    Furthermore, the Launch Date field is also editable, allowing users to add the accurate date when an idea was launched. If this field is not filled in the Actual&New Estimate table, by default the Launch Date displayed in the workspace tables and reports shows the date when the automation was updated to Live phase, status In production.

必要なロボットの推定台数と利益の向上

自動化の見込みに関する仮定条件を確認し、自動化可能なプロセスの数に関する情報を把握します。アルゴリズムによって計算されたこれらの結果を基に、ロボットが人間と比較してどの程度プロセスを高速に実行できるのかを推測できます。

📘

注:

必要に応じて、自動化の見込みの値を上書きし、プロジェクトの現状を反映するようにボリュームを調整できます。

  • First the RPA Software Vendor Used needs to be selected from the drop-down list. This list is populated with all the software vendors set up during the platform Cost Setup.
  • プロジェクト マネージャーは [オートメーションの想定事項] の表を使用して、使用するロボットの種類を以下のオプションから選択できます。
  • Attended: 人間の介入が必要なロボット。この場合、プラットフォームは Attended ロボットの数とプロセスを実行する従業員の数とのバランスを取るように設定されるため、ロボットの想定事項は表示されません。
  • Unattended: 人間の介入を必要としないロボット。この場合、プロジェクト マネージャーは、オートメーションの想定事項として [ロボットの稼働時間数/日]、[ロボットの稼働日数/年]、[ロボットの処理速度の乗数] を手動で入力する必要があります。
  • [プロセスのボリューム] には、詳細評価の情報が自動的に入力されます。
  • 有人オートメーションの場合は、詳細評価の情報が [平均処理時間 (人間 vs 自動化された場合)] に自動入力されます。無人オートメーションの場合は、ロボットのトランザクションあたりの平均処理時間を取得するために、人間のトランザクションあたりの平均処理時間がロボットの処理速度の乗数 (手入力) で除算されます。この結果は、後で自動化の見込みとロボットの想定事項を考慮して、トランザクションの量を処理するのに必要なロボットの数を計算するときに使用されます。
  • [処理量の分担の予測] では、プロセスを 100% 自動化できない場合に自動化後も人間が処理するセグメント ([自動化後] 列) とともに、完全に人間が実行する現行のプロセス ([自動化前] 列) に関連する KPI を示します。
    • 最後の 2 つの列には、ロボットがどのような結果になるかについての情報が示されます。この情報は、システムによって算出された自動化の見込みと、詳細評価以外からの情報を持っているプロジェクト マネージャーが提供可能な最終的な自動化の見込みに基づいて、アルゴリズムで予測すると示されます。ユーザーが自動化の見込みを上書きしようとした場合は、影響を受ける値がすべて強調表示されます。
    • Total FTR post automation is based on the selection done for the Automation Type:
      - for the case of Attended Automations the value suggested by the algorithm will be the same as the number of employees performing the task/process;
      - for the case of Unattended Automations the value computed takes into account the assumptions introduced in the Automation Assumptions table and the Robot Speed Multiplier which helps computing the Average Handling Time of the robot per transaction.
      The value of the FTR can be overridden if needed.
    • 自動化後の運用コスト/年は、[費用便益分析] ページの [コスト予測] セクションで追加されたすべての運用コストの合計です。
    • 運用コスト/トランザクションは、運用コスト/年をボリューム/年で割った値です。

コスト予測

This provides an estimation of the total costs required for this automation idea including implementation costs that can be set up per implementation phases and running costs that include license costs as well as infrastructure, maintenance, support, hosting costs, or other running costs. This information impacts the calculation of the Running Cost/Year for the robot.

  • プログラム マネージャーが [一時的コスト - 実装者のコスト] に入力したデータによって、各フェーズのコストと、実装にかかる総コストの概要が示されます。
  • In the Running Costs the Program Manager defines the costs per year for the entire lifetime of the automation idea.

このカテゴリのコストの種類をすべて入力すると、年単位および月単位でのコストの種類をすべて網羅した概要が表示されます。プロセスを人間が実行したときのコスト/トランザクションとロボットが実行したときのコスト/トランザクションとの比較が、[ボリュームの分担の予測] ページの上部に表示されます。

Check out the Completing the Detailed Assessment page and the Perform a Cost Benefit Analysis for an Idea video tutorial for the step by step information needed for the ROI.

2 か月前に更新


費用便益分析を実施する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。