通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

意思決定パイプライン

意思決定パイプラインからアイデアとオートメーションを管理する

ここで、評価済みのアイデアや、レビュー済みでステータスが [再作業が必要] であるオートメーションを実装に移行できます。意思決定パイプラインを使用することで、プログラム マネージャーまたは CoE リードは、どのアイデアとオートメーションを実装に移行するかについて迅速かつ一貫した方法で意思決定を行うことができます。

また、オートメーション プログラムの資金調達を担当するビジネス所有者は、評価済みのアイデアとレビュー済みのオートメーションをグラフィカルに表示して、優先順位付けの推奨事項として利用し、予算要求の裏付けとすることができます。

フィルター:

必要に応じて、[意思決定パイプライン] ページの上部にあるフィルターを使用して、興味のある情報だけを表示できます。適用したフィルターに応じて、ダッシュボードと表形式ビューが更新されます。

上位 2 つのダッシュボードを使用して、以下の条件の概要をすばやく確認できます。

  1. 特定のプロセスを自動化することで期待されるメリット。節約される時間数で表されます。
  2. アイデアおよびオートメーションの実装の容易性。

ダッシュボードの表示

[全体の概要] には、アイデアとオートメーションの総数、[実装の容易性] に基づき節約が期待される時間数が表示されます。2 つ目のダッシュボードには、[全体の概要] に表示される情報に関する細分化された詳細が表示されます。色付きのバブルをホバーすると、ボックスに、アイデア/オートメーション名、節約した時間、アイデアの可能性 (%)、実装の容易性 (%) が表示されます。

表形式ビュー

この領域はダッシュボードの下に表示され、評価された各オートメーションの詳細が表形式で示されます。これらは、コスト節約、品質生産性別に収集されます。

各アイデアおよびオートメーションに対して、プログラム マネージャーは以下の操作を実行できます。

  • アイデアまたはオートメーションを承認し、開発の種類を CoE または市民開発に更新します。
    • アイデアを CoE の作業のために承認し、審査フェーズ[承認済み] ステータスに送信する。実装フェーズに必要なすべてのアクションを実行するには、プロジェクト マネージャーがコラボレーターとして割り当 てられている必要 があります。アイデアとオートメーションは、どちらも CoE の実装に向け承認できます。
    • オートメーションを市民開発者の作業に向けて承認し、[開発] フェーズの [開始前] ステータスに移します。市民開発者 (パワー ユーザー) は [実装] ビューにアクセスしてアイデアを選択し、さらに開発を進められるようになります。
  • アイデアまたはオートメーションを却下し、実装または開発の対象としてキューに登録されないようにし、さらにステータスを [却下済み] に変更する。
  • さらに情報を収集するか後で議論するために、オートメーションまたはアイデアを保留にする
  • オートメーションまたはアイデアをアーカイブする。これは、オートメーションまたはアイデアが実装または開発の対象としてキューに登録されず、[オートメーションを検索] ページに表示されなくなることを示します。
  • View Automation Profile by opening the Idea Profile page or Automation Profile Page. This page contains all the details of the idea/automation.
  • [クイック ビュー] によって、アイデア/オートメーションの説明、アイデア スコア、および全般情報をポップアップ ページにすばやく表示する。
  • アイデア/オートメーションを削除して、プラットフォームからアイデア/オートメーションの詳細をすべて削除する。

📘

注:

プログラム マネージャーでは、複数の項目を選択して一括編集できます。

5 か月前に更新


意思決定パイプライン


意思決定パイプラインからアイデアとオートメーションを管理する

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。