通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

一般提供 (GA)

2019 年 11 月 5 日

本日、Connect Enterprise Hubが一般公開されました。

この製品は、自動化パイプラインの特定と管理、プロセス ドキュメントの保存および再利用可能なコンポーネントの安全な活用に役立つ、簡単に利用できるクラウド ベースのソリューションです。

[Try it now (今すぐ試す)] をクリックし、登録を完了させ、今日から無料トライアルを試しましょう。

主な機能

このプラットフォームの概要を以下に記載します。組織全体での RPA の導入を促進する各機能について深く掘り下げることができます。

📘

より詳細な説明は、「Connect Enterprise ユーザーガイド」でご確認ください。

その他の質問がある場合は、テクニカル サポート チームまでお問い合わせください。

管理コンソール

テナントを設定し、登録されるユーザーを管理するためのモジュールです。幅広いオプションを使用して、オートメーションの階層、アプリケーション一覧、ドキュメント テンプレート、ROI 計算ツールで使用されるコストの種類をカスタマイズし管理できます。

このモジュールに組み込まれているすべてのオプションについては、「管理コンソール」のページをご覧ください。

自動化対象案件の識別

Connect Enterprise では、企業全体の従業員から自動化のアイデアをクラウドソーシングできます。これはつまり、自動化対象案件のロングテールを活用できることを意味します。同時に、ビジネス アナリストによる専門的な自動化対象案件の特定が可能になります。
これらの案件はアルゴリズムにより評価され、一元化されたパイプラインに集約されます。

詳細については「アイデアの提出」のページをご覧ください。

パイプラインの管理

オープンで透明性の高いオートメーション パイプラインの管理ツールです。従業員は、オートメーションの計画、ステータス、予想されるメリットなどの情報にすばやくアクセスでき、提出されたアイデア/リクエストに対して賛成票を投じて意見を発信できます。

このオプションについて詳しくは「オートメーション パイプライン」のページをご覧ください。

ROI 計算ツール

Connect Enterprise の ROI 計算機能を使用すれば、利益とコスト予測の精度を上げることができます。
収益性を予測できるため、自動化に関する意思決定をより的確に行えます。

以下のようなキー パフォーマンス インジケーターのベースラインを決定できます。

  • オートメーションから得られる平均利益
  • オートメーションの平均コスト

ドキュメント リポジトリ

オートメーションには多数のドキュメントが必要です。

  • 入力ファイルと出力ファイル
  • 操作手順書
  • 業務プロセス定義書
  • ソリューション設計書
  • 開発仕様書
  • テスト計画

などがあります。

Connect Enterprise では、これらすべてのドキュメントを 1 か所で集め、保存し、参照できます。

コンポーネント ギャラリー

UiPath には再利用可能コンポーネントのパブリック Marketplace があります。

Connect Enterprise では、組織専用のプライベートな社内 Marketplace が利用でき、コンポーネントを作成・キュレーションしたり、組織内のユーザーが構築したコンポーネントを複数のオートメーションに使用したりできます。

ギャラリー内の再利用可能コンポーネントが増えるにつれて、開発を加速し、運用環境のコードの一貫した品質を確保できます。

詳しくは「コンポーネント」のページをご覧ください。

企業コミュニティ

Connect Enterprise は、組織内で自動化に関心を持つ人々 (ビジネス ユーザー、IT ユーザー、CoE ユーザーを含む) のコミュニティを構築するのに役立ちます。

すべてのユーザーが繋がることで、オートメーション プログラムを推進できます。また、コミュニティへの参加は評価され、報酬が与えられます。

詳しくは「ユーザー」のページをご覧ください。

パフォーマンス レポート ツール

各種ダッシュボードやレポートにアクセスできるため、RPA プログラムを援助する主要な関係者は、年間を通してプログラムのパフォーマンスを把握できます。

[オートメーション プログラムのパフォーマンス] ダッシュボードを作成し、プログラム マネージャーが次のような簡単な質問に回答できるようにしました。

  • 実装に向けて承認されたアイデアは何件あるか?
  • 分析、ソリューション設計、開発、テスト フェーズのアイデアはそれぞれ何件あるか?
  • 本稼働中で価値を生み出しているオートメーションは何件あるか?

詳しくは「ダッシュボード」のページをご覧ください。

10 か月前に更新


一般提供 (GA)


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。