通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

アイデアのレビュー フロー

共有方法に応じて、アイデアはさまざまなレビュー フェーズを経て処理されます。

📘

注:

For each of the below phases, the assigned user receives a task in their Automation Hub account and is notified by email about the assignment. To check the notification access My Tasks - Incomplete section.

  1. アイデアの承認者がアイデアをレビューします。
    承認者は、[オートメーション パイプライン] > [レビュー] ビューにアクセスして、アイデアを承認重複としてマーク、または却下できます。承認されたアイデアは [評価] フェーズに移行され、[ワークスペース] > [オートメーション パイプライン] > [レビュー] ビューからアクセスできます。

📘

注:

アイデアを承認する前に、プロセス所有者が割り当てられているかどうかを確認してください。割り当てられていない場合は、アイデアの [クイック ビュー] オプションにアクセスして、ポップアップの左上隅に表示される [プロセス所有者] フィールドをクリックします。割り当てるユーザーのアカウントを検索します。ユーザーが見つかったら、アカウントをクリックして、アイデアのプロセス所有者として割り当てます。

  1. アイデアが承認されると、そのアイデアに割り当てられたプロセス所有者に、詳細評価の入力を依頼する、評価への招待が送信されます。招待はメールで送信されますが、[マイ タスク] > [未完了] セクションからもアクセスできます。プロセス所有者は情報を絞り込み、タスク/プロセスに関連する詳細評価を入力します。詳細は、「詳細評価を入力する」を参照してください。
    プロセス所有者が [評価の提出] をクリックすると、アイデアのフェーズが「審査」に、ステータスが [レビュー待ち] に更新されます。
  2. プログラム マネージャーがアイデアをレビューし、実装フェーズに移行すべきかどうかを判断します。
    [ワークスペース] > [オートメーション パイプライン] > [意思決定パイプライン] ビューで、審査フェーズにある、レビューが必要なすべてのアイデアを含む一覧にアクセスします。
    アイデアの実装に必要な作業の複雑さに基づいて、プログラム マネージャーは次の 2 つのアクションのいずれかを選択できます。
    • CoE の作業に向けて承認: アイデアに、CoE の実装チームによる開発プロセスを適用します。
    • 市民開発者の作業に向けて承認: アイデアを現実化しオートメーションにするため、市民開発者による開発が進められます。このオートメーションは、低リスクで複雑度が低いか中程度の作業、アクティビティ、またはプロセス向けに作成されたすぐに使用可能なコードです。
  3. プログラム マネージャーが選択したフローに基づいて、次の 2 つの場合が考えられます。

4.1 Idea Approve for CoE

  1. アイデアのフェーズが「審査」に、ステータスが [承認済み] に更新されます。プログラム マネージャーは、コラボレーターとしてプロジェクト マネージャーを追加する必要があります。それには、[アイデア プロファイル] > [コラボレーター] セクションにアクセスし、プロジェクト マネージャー ロールを持つユーザーを追加します。これによって、追加されたユーザーは [実装] フェーズの間、その特定のアイデアに必要なすべてのアクションを実行できるようになります。
  2. 割り当てられたプロジェクト マネージャーは、その特定のアイデアに関連するアクションを必要な順番で実行できますが (このステップを開始する特定のフローは存在しません)、主に注力するのは、次のような項目です。
  3. 必要な実装フェーズが完了したら、プロジェクト マネージャーは、オートメーションの実装完了を反映するためにアイデアのフェーズを「本稼働」に更新します。

以下は、上記のアイデアのフローを図示したものです。

4.2 Idea Approve for Citizen Developer

  1. [実装] ビューに表示されるアイデアのフェーズが「開発」に、ステータスが [開始前] に更新されます。
  2. 市民開発者 (パワー ユーザー) は [実装] ビューにアクセスしてアイデアを選択し、さらに開発を進めます。
  3. 開発が完了したら、市民開発者 (パワー ユーザー) がアイデアを技術レビューに移行します。
  4. 技術レビュー担当者がコード レビューを実施し、更新が不要の場合は、そのオートメーションを承認してフェーズを「本稼働」に変更します。

As soon as the idea's Overview, Detailed Assessment, and Assign Process Owner details are saved an Assessment Invitation is sent to the assigned Process Owner asking them to review the Detailed Assessment.
The invitation is sent by email. A task is also assigned for this assignment and can be accessed from My Task - Incomplete section.
As soon as they click Submit assessment the phase of the idea will be updated to Qualification and its status to Awaiting review.

:star: The process then follows the steps 3-4 as mentioned above in the Employee-driven Idea section.

📘

注:

[アーカイブ済み] としてマークされたアイデアは、他のユーザーが削除しないかぎり永久にパイプラインに保存されます。アーカイブしても、そのアイデアに関連する情報はダッシュボードに表示される統計情報には影響しません。

以下は、CoE のアイデア フローを図示したものです。

約 1 か月前に更新


アイデアのレビュー フロー


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。