通知を受け取る

UiPath Automation Hub

UiPath Automation Hub ガイド

コラボレーター

アイデアのコラボレーターを追加および管理する

On the Collaborators page you have access to a list containing the users assigned as Collaborators for that automation idea.

The Process Owner, Project Manager, or any other collaborator with access rights to modify the collaborators have an additional card available: Manage Roles & Permissions. By clicking this card, the list of collaborators added to the idea is opened in Edit mode.

コラボレーターを追加する

[コラボレーターを追加] ボタンを使用して、割り当てられたコラボレーター ロールによって特定の権限が付与された新しいユーザーを、オートメーション プロファイルに追加できます。

📘

注:

ユーザーを選択し、コラボレーター (プロジェクト マネージャー、ビジネス アナリスト、ソリューション アーキテクト、RPA 開発者、またはユーザーが定義するその他のカスタム コラボレータ ロール) としてアイデアに割り当てるための条件は以下のとおりです。

  • コラボレーター ロールが既にユーザー アカウントに割り当てられている
  • ユーザーがオートメーションのカテゴリにアクセスできる必要がある
    ユーザー アカウントを確認または更新するには、[管理コンソール] > [ユーザーを管理] > [ユーザー] 画面でアカウントを検索し、「ユーザー アカウントを管理する」に記載されている手順を行います。
  1. [コラボレーターを追加] ボタンをクリックすると、[コラボレーターを追加] ポップアップが表示されます。
  2. まず、ユーザーの名前またはメール アドレスを検索します。表示されたら、目的のユーザーまたはメール アドレス選択します。
  3. [コラボレーター ロール] ドロップダウン リストから、コラボレーター ロールを 1 つまたは複数選択します。
    注: ユーザー アカウントに事前に割り当てられていないコラボレーター ロールは表示されません。
  4. [編集権限] で、ユーザーに編集権限を付与するセクションをチェックします。

ロールを管理する

Within this section, you can manage the accounts for the automation idea collaborator team.

コラボレーターを削除する

[削除] オプションを使用して、コラボレーターの一覧からコラボレーターを完全に削除できます。

ロールを更新する

Use the Role column drop-down list to assign/unassign the collaborator roles a user has within an Automation Idea Profile.

:exclamation: Some collaborator roles are not displayed if they were not previously assigned in the user account. Please check the Managing User Accounts page for more details.

📘

注:

ここでは、割り当てられたユーザーから個人のアイデアの提出者ロールを削除して別のユーザーに割り当てることで、アイデアの提出者を更新することもできます。

コラボレーター権限を編集する

In the Edit Rights section you have listed all the added collaborators and their assigned rights within the Automation Idea Profile.

コラボレーターの権限を編集するには、対応するボックスをチェック/チェック解除します。

更新がすべて完了したら、[保存] をクリックします。

2 か月前に更新


コラボレーター


アイデアのコラボレーターを追加および管理する

改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。