通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

マスター詳細ビューを使用する

概要

マスター詳細ビューを使用すると、表の行またはカスタム リストの行の情報を参照できます。それにより、以下のことが可能となります。

  • ドロップダウンから項目を 1 つ選択して参照する。
  • リストまたは表から項目を選択してそのレコードの列を参照する。
  • 選択したレコード データを式内でバインドする。選択した項目に対する変更は、式バインドのコントロールに反映されます。

表内でマスター詳細ビューを使用する

Orchestrator 出力にバインドされている表の選択行から情報を参照するには、以下の手順に従います。

  1. 既存のアプリケーションを開くか、新しいアプリケーションを開始します。

  2. ボタン コントロールを追加し、そのコントロールを使用してプロセスを開始します。

  3. Name という列のある表を作成します。

  4. [データ ソース] プロパティで表の列を選択して、Orchestrator 出力にバインドします。この例では、Out.out_datatable というソースを選択します。

  5. ラベルを作成し、[テキスト] プロパティの [リソース] にある Table.SelectedValue カテゴリから、Name を選択します。

  6. アプリを保存し、プレビューします。

  7. ボタンをクリックしてプロセスを開始します。

  8. 表が表示されたら、その表から任意の行を選択します。手順 5 で設定したラベルに、[名前] 列の情報が表示されます。

3 か月前に更新

マスター詳細ビューを使用する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。