通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

アプリ内でエンティティを参照する

To create better, more complex apps, UiPath Apps can connect and interact with entities from UiPath Data Service. Data Service is a persistent data storage service that brings powerful no-code data modeling and storage capabilities to your Robotic Process Automation (RPA) projects. For more information on Data Service, you can check the Data Service guide.

📘

注:

データが読み込まれると、ルールの実行時にのみエンティティのデータが更新されます。プロセスまたはその他の手段による Data Service の更新は、自動的に検出されません。こうしたシナリオでは、データを明示的に更新してください。

For the moment, there is no infinite scroll for entities.

Data Service のエンティティを参照する


Data Service 内にエンティティが作成されたら、アプリから参照できます。
For more information on how to create an entity in Data Service, see Creating an entity.

Note: If the schema in Data Service is altered, the changes are automatically synced after refreshing or reopening the app.

以下の例では、既存のエンティティをアプリ内で参照する方法について説明します。

  1. 既存のアプリを App Studio で開き、アプリのタイトルの横にある :heavy-plus-sign: アイコンをクリックします。
  2. [エンティティ] をクリックして、エンティティの参照ダイアログを開きます。
482482
  1. 現在の Automation Cloud アカウントの Orchestrator インスタンスのリストが表示されます。必要なエンティティをホストするインスタンスを選択し、[次へ] をクリックします。
920920
  1. 現在選択しているテナントのプロセスのリストが、フォルダーごとに整理されて表示されます。プロセスを強調表示すると、エンティティの内容が表示されます。
  2. アプリで使用するエンティティの横にあるチェックボックスをオンにし、[追加] をクリックします。
917917

これで、エンティティがアプリに追加されました。

📘

注:

エンティティの権限は Data Service で管理されます。Data Service から参照するエンティティに対して適切な権限があることを確認してください。

エンティティをバインドする


エンティティは以下のコントロールにバインドできます。

  • ドロップダウン
  • リスト (List)
  • テーブル
  • カスタム リスト

以下の例では、Customer というエンティティを表にバインドします。

開始する前に


エンティティを App Studio のコントロールにバインドする前に、そのエンティティがアプリ内で参照されていることを確認してください。

手順


  1. 既存のアプリ内に新しい表を作成します。
  2. 表を選択し、[データ ソース] プロパティに移動します。
  3. Customer エンティティを [データ ソース] プロパティに追加します。
14461446

これで、Customer エンティティが表にバインドされました。

5 か月前に更新

アプリ内でエンティティを参照する


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。