通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

関数: 並べ替え

📘

ヒント:

Sort 関数の動作について理解を深めるには、「使い方」セクションの「Apps を Data Service と使用する」をご覧ください。

この関数を使用すると、フィールドに基づいてソースの情報を並べ替えることができます。

This function performs a case insensitive check.

Syntax

Description

Example

Sort(Source, [Field, SortOrder], ...)

Sorts the rows of a given array or range by the values in one or more columns.

引数

Argument

Type

Description

Source

Required

The table, array, or Entity to search (for example, a control's data property or the result of a process).

Field

Required

The field by which to sort. It is mandatory if the source list contains complex objects. For common types (number, string, date etc), the field should not be specified. Multiple fields can be specified.

SortOrder

Required

Choose between Ascending/ASC or Descending/DESC.
By default, the value is ASC.

  • Sort(Customer, Name): 表内の顧客を名前に基づいて並べ替えます (他の値が指定されていないため、既定では昇順)。
  • Sort(Customer, City, Age): 表内の顧客を市区町村と年齢に基づいて並べ替えます (他の値が指定されていないため、既定では昇順)。
  • Sort(Customer, City, ”DESC”, Age): 表内の顧客を市区町村の降順、年齢の昇順で並べ替えます。
  • Sort(Customer, City, ”ASC”, Age, “DESC”): 表内の顧客を市区町村の昇順、年齢の降順で並べ替えます。

7 か月前に更新

関数: 並べ替え


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。