通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

データ コンテキストについて

📘

ヒント:

To better understand how Data Context and Choice Set work, check out the Using Data Context and Using Choice Set pages.

概要


データ コンテキストは、単一のエンティティ レコード用のコンテナーです。Lookup 関数の代わりに使用してユーザー エクスペリエンスを向上させることができます。
データ コンテキストは、以下のコントロールに設定できます。

  • コンテナ―
  • ページ

データ コンテキストをコンテナーに設定すると、そのコンテナーの一部であるすべてのコントロールが、そのコンテナーにバインドされたデータ コンテキストにアクセスできます。コンテナーにデータ コンテキストが設定されていない場合、コントロールは次の親コンテナーまたはページを探します。

Choice Set


Choice Set is a field used to store an enumerated list from which one or more values can be selected. A Choice Set can be used, for example, to select an expense type, a forum post category, or a certain edition of a recurring event. For more information on Choice Set, see the dedicated page in the UiPath Data Service guide.

You can bind Choice Set to the following controls:

  • ドロップダウン
  • 複数選択ドロップダウン
  • リスト (List)
  • ラジオ ボタン

📘

注:

When bounding to a list source, it will return the options in that choice set.
When bounding to a selected item, it will bind the field value to that selected item.

3 か月前に更新

データ コンテキストについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。