通知を受け取る

UiPath Apps

UiPath Apps ガイド

はじめに

UiPath Apps は、ユーザー エクスペリエンスに優れたエンタープライズ レベルのカスタム アプリケーションを構築・共有できる、ローコード アプリケーション開発プラットフォームです。UiPath Apps を使用すると、オートメーションの機能を活用してカスタム ビジネス アプリケーションをすばやく構築し、その基盤になるクラウドやオンプレミスのシステムのデータに接続できます。

アプリの構築に使用する UiPath App Studio では、データへのアクセスや更新に対応する豊富なコントロールや、複雑なビジネス ニーズに対応する条件ロジックを使用できます。Apps の基盤となる UiPath RPA プラットフォームでは、高度なワークフローやビジネス ロジックの機能を使用できるため、エンド ツー エンドの業務プロセス全体を自動化できます。

Apps can be designed to run in multiple form factors such as a full-page console, a sidebar, or any other size for either desktop or mobile devices. Since applications are run from a browser, they can run seamlessly from any device. See below for supported browsers and devices.

さらに、アプリケーションは Electron フレームワークやその他のテクノロジーでラップできるため、デスクトップ アプリケーションとして実行することもできます。

UiPath Apps

ユーザーには、すべてのアプリケーションが 1 か所に集約されたリストが表示されます。ここではアプリを実行したり、組織内の他のユーザーとアプリを共有したりできます。

ユーザーがアプリケーションを実行すると、オートメーションをデスクトップ上でローカルに実行するように設計されているアプリの場合は、Attended ロボットがトリガーされ、バックエンド システムと対話します。同様に、無人オートメーションを使用して実行するように設計されているアプリの場合は、Orchestrator を使用して Unattended ロボットでジョブが開始されます。

UiPath App Studio

市民開発者や RPA 開発者は、App Studio で独自のカスタム アプリケーションを設計できます。App Studio では、さまざまな種類のリッチなコントロールをドラッグ アンド ドロップして配置したり、複雑なルールを設定したり、Orchestrator を介して RPA プロセスへ接続したりできます。Attended ロボットや Unattended ロボットを使用することで、アプリは複数のシステムのビジネス データをリアルタイムで集約・更新できます。ロボットは、豊富なアクティビティを通じてあらゆるシステム (Excel、SAP、Salesforce、Microsoft Dynamics など) に接続できるうえ、レガシ アプリケーション、メインフレーム アプリケーション、VDI にも接続可能です。

構築が完了したら、クリック 1 回でアプリケーションをパブリッシュし、組織内の誰もが利用できるようになります。

前提条件

To start using the UiPath Apps platform you first need a UiPath Automation Cloud account. Please access the Automation Cloud Introduction page for more details.

UiPath Apps を実行するには、すべてのエンド ユーザーを Automation Cloud アカウントに追加する必要があります。また、有人/無人オートメーションを実行するためには、それぞれ以下の要件を満たす必要があります。

  • Attended: UiPath Robot with JavaScript Add-in enabled (UiPathRobot.js. End-users must have attended processes used in your app available on their Attended Robot.
  • 無人: (以下の項目の 1 つまたはそれ以上)
    • 使用するプロセスを含む Cloud Orchestrator テナントが必要です。エンド ユーザーは、アプリに含まれる無人のプロセスを実行するための十分な Orchestrator の権限が必要です。
    • Hybrid w/ On-Prem – Connect your on-premise orchestrator to UiPath Apps Service.
  • その他すべての Studio、Robot、Orchestrator の要件が適用されます。

サポートされる最小バージョン:

  • Attended ロボット v2019.10
  • Orchestrator v2019.10
  • Unattended ロボット v2019.10
  • Studio v2019.10

対応ブラウザー

UiPath Apps is supported in the latest versions of Google Chrome, Microsoft Edge, and Mozilla firefox.

使い方

Apps の動作について理解を深めるには、このガイドの「使い方」をご覧ください。以下の方法について詳しく説明しています。

3 日前に更新

はじめに


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。