通知を受け取る

UiPath AI Center™

UiPath AI Center™

レジストリのバックアップ

レジストリのすべての Docker イメージをバックアップします。

前提条件

バックアップ マシンからポート 31443 上の AI Center マシンへのネットワーク接続が確立されている必要があります。

AI Center マシン

  • jq (Linux パッケージ マネージャーによってインストールできます)

バックアップ マシン

  • jq (Linux パッケージ マネージャーによってインストールできます)
  • sqlcmd (documentation here)
  • Docker (documentation here)

ストレージ資格情報を生成する

AI Center マシンにログインし、UiPath の顧客スクリプトから get-credentials スクリプトと registy-np ファイルをダウンロードします。

wget https://raw.githubusercontent.com/UiPath/ai-customer-scripts/main/platform/onebox/backup_and_restore/registry/get-credentials.sh
wget https://raw.githubusercontent.com/UiPath/ai-customer-scripts/main/platform/onebox/backup_and_restore/registry/registry-np.yaml

次に、以下のように yaml パッチを適用して、ノードポート経由でレジストリにアクセスできるようにします。

kubectl -n kurl apply -f registry-np.yaml

その後、AI Center のパブリック IP または DNS をパラメーターとして指定し、get-credentials スクリプトを実行します (まず、ファイルが実行可能であることを確認します)。

./get-credentials.sh <AIC-IP-or-DNS>

以下のような、registry-creds.json という名前のファイルが生成されます。

{"AWS_HOST": "<AIC-IP-or-DNS>", 
"AWS_ENDPOINT": "https://<AIC-IP-or-DNS>:31443", 
"AWS_ACCESS_KEY_ID": "<KEY-ID>", 
"AWS_SECRET_ACCESS_KEY": "<KEY>"}

次に、このファイルをバックアップ マシンにコピーします。

データをバックアップする

バックアップ マシンにログインし、UiPath の顧客スクリプトからエクスポート スクリプトをダウンロードします。

wget https://raw.githubusercontent.com/UiPath/ai-customer-scripts/main/platform/onebox/backup_and_restore/registry/export.sh

次に、このスクリプトを次のように実行します (まず、ファイルが実行可能であることを確認してください)。

./export.sh <path to storage-creds.json> <absolute BasePath to download assets/blobs>

このスクリプトは、2 番目のパラメーターとして入力したフォルダー内の registry という名前のディレクトリに、すべてのイメージを tar ファイルとしてダウンロードします。

1 年前に更新

レジストリのバックアップ


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。