通知を受け取る

UiPath AI Center™

UiPath AI Center™

AI Center のバックアップと復元

このページでは、AI Center のデプロイをバックアップおよび復元するプロセスと手順について概要を説明し、詳細な手順へのリンクも提供します。
AI Center は Kubernetes クラスター上で実行されているので、アプリケーションを全面的に復旧するには 4 つの要素を個別にバックアップおよび復元する必要があります。ストラテジによっては、一部のみバックアップします。

DR ストラテジ全体

以下の 4 つの要素を定期的にバックアップすることをお勧めします。このプロセス全体で、3 つの仮想マシンが必要になります。

  • 現在の AI Center 仮想マシン
  • 新しい AI Center 仮想マシン (リセットするだけの場合は、現在の AI Center 仮想マシンと同じ仮想マシンであることもあり得ます)
  • バックアップ仮想マシン (ストレージおよびレジストリとして必要)
    In addition to that you need access to storage provider supported by Velero (see dedicated page) for Cluster state backup.

データの復元プロセスは次のとおりです。

  • 新しい AI Center 仮想マシンを作成します
  • AI Center をインストールします (インフラストラクチャとアプリケーションの両方)
  • すべての要素を次の順序で復元します
    1. ストレージ
    2. レジストリ
    3. クラスター ステート
  • 復元後のサニタイズを実行する
  • Orchestrator の構成を変更して、指定された DNS または IP が復元元と異なる場合は新しい AI Center インスタンスを指すようにします。DNS を使用して、新しい AI Center マシンの DNS に切り替えることを強くお勧めします。

ストレージ

1 番目の要素は Kubernetes クラスターのストレージです。次のものが含まれます。

  • ML パッケージ: 再トレーニングまたは手動でアップロードするすべてのパッケージ
  • データセット
  • パイプライン成果物 (パイプラインの出力)
  • パイプラインのログ
    See instructions on how to Backup and Restore your storage.

レジストリ

2 つ目の要素は、Kubernetes クラスターのレジストリです。このレジストリには、レジストリのすべての Docker イメージが収められています。
See instructions on how to Backup and Restore your registry.

クラスター ステート

The third element is the state of your Kubernetes cluster. This takes a snapshot of all namespaces, deployment and jobs in your cluster at a given time, allowing you to recreate all of those easily. We are using Velero as a tool for this.
See instructions on how to Backup and Restore your cluster state.

データベース

The last element is the database, as this is simple SQL database (often the same with Orchestrator). We do not provide specific tool to backup the Database. We recommend to use same strategy as with Orchestrator to Backup and Restore your Database

📘

データベース

データベースを復元する場合、そのサーバーの IP または DNS (アクセスに使用する環境によって異なります) の名前をそのまま変更せずに復元先として使用する必要があります。

1 年前に更新

AI Center のバックアップと復元


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。