通知を受け取る

UiPath AI Center™

UiPath AI Center™

インストールについて

AI Fabric は、UiPath Document Understanding のモデルが実行されるインフラストラクチャです。AI Fabric は Document Understanding がなくても使用できます (この場合、Data Manager と OCR エンジンのインストールが不要です)。

AI Fabric のインストールに必要な成果物

  • エアギャップ インストールの場合は、AI Fabric のインストール バンドルをダウンロードし、AI Fabric のインストール先とするマシンに転送する必要があります。
  • An AI Fabric license file provided when you first purchased AI Fabric is required to complete the installation. This file should have been given to you by your Sales Executive or from the UiPath Deal Hub team. If misplaced, this license file can be provided by your customer success manager or our support team. This license file contains the number of AI Robot licenses for your instance. For an explanation of an AI Robot as a licensing concept see About AI Fabric
  • 運用環境にインストールする場合は、信頼されている CA が発行したドメイン証明書の使用を強くお勧めします。ドメイン証明書を使用しない場合は、自己署名証明書が使用されます。したがって、その自己署名証明書を、AI Fabric (Robot/Studio) にアクセスする他のマシンの信頼されたストアに追加する必要があります。注: 事前ラベル付けのために AI Fabric の ML スキル (DU モデルまたは UiPath OCR) を Data Manager で使用する必要がある場合、自己署名証明書は機能しません。この機能を有効化するには、信頼ドメイン証明書を使用する必要があります。

❗️

インストールを開始する前に、AI Fabric のインストール要件を確認してください。

Document Understanding のインストールに必要な成果物

以下の点を確認してください。

  • エアギャップ インストールの場合は、AI Fabric のインストール バンドルをダウンロードし、AI Fabric のインストール先とするマシンに転送する必要があります。
  • セールス担当者または UiPath Deal Hub チームからレジストリの資格情報を受け取っていることを確認します。
  • Automation Cloud で Document Understanding API キーがアクティブになっていることを確認します。
    Document Understanding API Key Documentation

Registry credentials should have been given to you by your Sales Executive of from the UiPath Deal Hub team. If misplaced this license file can be provided by your customer success manager or our support team.

注: Document Understanding モデルは、AI Fabric インストーラーによって AI Fabric に追加されます。他に必要な操作はありません。これらのモデルを使用するために必要なのは、有効な Document Understanding API キーだけです。

❗️

Data Managerハードウェア/ソフトウェア要件前提条件をご覧ください。
Please take a look at the OCR Engines hardware/software requirements as well as the prerequisites

2 年前に更新


インストールについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。