UiPath Activities

UiPath Activities ガイド

XML をデシリアライズ (Deserialize XML)

UiPath.Web.Activities.DeserializeXml

XML 文字列を XDocument オブジェクトにデシリアライズします。XDocument オブジェクトについて詳しくは、こちらをご覧ください。

プロパティ

入力

  • XMLString - デシリアライズする XML を含む文字列または文字列変数です。このフィールドでは、文字列と文字列変数のみサポートされています。

📘

注:

このプロパティ フィールドに指定された文字列が有効な XML 構文でない場合、実行時にエラーがスローされます。

出力

  • XMLDocument - XDocument 変数として、デシリアライズされた XML ドキュメントです。

その他

  • Private - オンにした場合、変数および引数の値が Verbose レベルでログに出力されなくなります。
  • Result - 正規表現で一致するものが見つかった場合は True、そうでない場合は False であるブール変数です。

共通

  • DisplayName - アクティビティの表示名です。

2 か月前に更新


XML をデシリアライズ (Deserialize XML)


改善の提案は、API 参照ページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。