通知を受け取る

UiPath Action Center

UiPath Action Center ガイド

 

2022 年 9 月

2022 年 9 月 26 日

機能


データのラベル付けアクションのパブリック プレビュー版

Action Center の [データラベル付けアクション] を使用することで、AI CenterTM でのデータのラベル付けプロセスの速度を上げることができます。[ラベル付けタスクを作成] アクティビティを使用して [データのラベル付けアクション] を作成できるようになりました。このアクションにより、AI Center にも表示されるラベルをユーザーが保存できるようになりました。

For more information, visit:

2022 年 9 月 26 日

機能


アクションの概要

今回のリリースでは、Action Center の [概要] タブに、ユーザー自身のアクションと他のユーザーのアクションが確認できる概要が表示されるようになりました。以下がアクションの概要で利用できる機能です。

  • For Action Users, you get an overview of how many actions you have that are Pending, Completed or Unassigned, as well as the average time that it takes you to complete an Action.
  • For Action Admin Users, you get an overview of how many actions other users have that are Pending or Completed, as well as the average time it takes each user to complete an Action. Moreover, from the Overview tab, you can also filter the Actions in the Inbox tab, by the user to which they are assigned to.
  • [概要] タブでは、アクションの属するアクション カタログや、アクションが作成された日時で、アクションをフィルター処理できます。

Find out more details in our documentation.

2022 年 9 月 20 日

機能


Action Center の通知サービスのパブリック プレビュー版の提供開始

以下が通知機能の一例です。

  • Notifications can be sent via the Notifications panel and via email.
  • Notifications are generated when an action activity takes place. For example, when a user forwarded you an action, you will receive a notification in the Notifications panel, as well as an email notification, giving you information about the details of the action activity and the details of the action that was forwarded to you.
  • You can subscribe to or unsubscribe from notifications about certain action activities, or all action activities.
    Find out more details in our documentation about notifications and email notifications.

2022 年 9 月 6 日

バグ修正


  • ドキュメント検証アクションを 5~10 件完了すると、Microsoft Edge でメモリ不足エラーが発生する問題を修正しました。

機能の変更を確認できるタイミング

リリース ノートで変更が最初に告知される日付は、その機能が最初に利用可能になる日付です。
ご自身の環境で変更がまだ確認できなくても、すべてのリージョンに変更がロールアウトされると確認できるようになります。

詳細情報

16 日前に更新

2022 年 9 月


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。