通知を受け取る

UiPath Action Center

UiPath Action Center ガイド

 

パブリック プレビュー

公開日: 2020 年 10 月 29 日

更新内容

クラウド アプリケーション版の Action Center における Document Understanding アクション

Business users can now handle 'Document Validation' and 'Document Classification' actions within Action Center application on Automation Cloud

19001900

フォーム アクションでの PDF ビューアーのサポート

RPA developers can now embed multi page PDF files from storage buckets in a Form based Action by binding PDF storage bucket file path to an HTML Element in the form using the <embed> tag.

19001900

キュー ベースのフォームを使用してファイルをストレージ バケットにアップロードする

RPA developers can now define storage file based properties in Queue schema to present 'File Upload' control for business users in Action Center - processes

"UserFile_storage": {
      "$id": "#/properties/UserFile_storage",
      "type": "string",
      "title": "Upload Document",
      "default": "FileName",
      "examples": [
        "User FileName"
      ]
    },
    "BucketName": {
      "$id": "#/properties/BucketName",
      "type": "string",
      "title": "BucketName",
      "default": "ActionsTest",
      "examples": [
        "User FileName"
      ]

Action Center の導入ビデオ

ビジネス ユーザーは、Action Center サービス (Actions と Process) の使用を簡単に開始するための短いビデオを視聴できます。

19001900

Release Date: 6 October 2020

更新内容

完了前にフォームを保存

フォーム アクションを途中で保存できるオプションを追加しました。このため、アクションを完了するためにフォームの入力を一度に済ませる必要がなくなりました。

19001900

フォーム アクションでの添付ファイルのサポート

ビジネス ユーザーがアクションのフォーム内でファイルをアップロードできるようになりました。RPA 開発者はアップロードするファイル数 (単数または複数) やサイズの下限/上限をフォーム デザイナーのファイル管理プロパティから設定できます。フォーム デザイナーには [フォーム タスクを作成] アクティビティからアクセスします (UiPath.Persistence.Activities 1.1.8 を使用してください)。

19001900

ファイルのアップロードにより無人のプロセスをトリガー

ビジネス ユーザーが、プロセスのフォームにファイルをアップロードして無人の (ユーザーの操作を伴わない) プロセスを開始できるようになりました。ファイルは設定されたストレージ バケットにアップロードされ、ロボットがダウンストリーム処理できる状態になります。

19001900

Release Date: 17 September 2020

更新内容

ビジネス ユーザーが Web インターフェイスから無人のプロセスをトリガーできる新しいオプション

Action Center に新機能を追加し、ビジネス ユーザーがフォームベースの入力によりビジネス データを提出して Unattended ロボットをトリガーできるようにしました。新しいアプリケーション「UiPath Processes」は Automation Cloud 内で利用でき、無人の自動化プロセスをトリガーしたり、トリガーされたプロセスを追跡したりできます。このため、さまざまなビジネス ユーザーのペルソナが UiPath Robot を Web インターフェイスから簡単に操作できるようになりました。

Release Date: 2 September 2020

更新内容

Automation Cloud で使用できるビジネス ユーザー向けの新しいスタンドアロン アプリケーション「Actions」

RPA で自動化できる業務プロセスの範囲を拡大するうえで、Action Center は中心的な役割を果たしてきました。Action Center を使用すると、自動化プロセスの実行中に人間とロボット間での作業の引継ぎをシームレスに行うことができます。AI サービスと連携した、すぐに使用できるさまざまな機能が登場したことで、Action Center を使用したプロセス自動化の機会は大幅に増加しました。

今後、新しい Action Center アプリケーションのパブリック プレビュー版を公開します。ビジネス ユーザー向けに完全な刷新を行い、メールを使うくらい簡単に操作できるようにしました。新しいユーザー インターフェイスには、Automation Cloud プラットフォームで利用できる新しいアプリケーション「Actions」からアクセスできます。

4 か月前に更新

パブリック プレビュー


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。