通知を受け取る

UiPath Action Center

UiPath Action Center ガイド

 

アクションについて

概要


アクションとは、長期間にわたるワークフローを処理する場合に、ユーザーが実行する (請け負う) 必要があるタスクのことであり、ワークフローの次のステップに進むにはユーザーの介入が必要になります。
Click here for an overview of long-running workflows.

 

Actions を有効化する


Automation Cloud のテナント レベルで Actions を有効化するには、次の手順を実行します。

  1. Automation Cloud のアカウントにログインします。
  2. [管理] > [テナント] に移動します。
  3. 目的のテナント行で、縦三点リーダー ボタン をクリックして [サービスを編集] を選択します。[サービスを編集] ウィンドウが表示されます。
  4. [Actions] を選択して [保存] をクリックします。変更が Automation Cloud に反映されます。

 

アクションの種類


フォーム アクション

Form actions request input through forms and they are compatible only with the form.io framework. Orchestrator handles form visualization, action assignment, and completion.

For details about the generating process, click here.

外部アクション

外部オートメーションとしてオーケストレーション プロセスの中断-再開のサイクルに属する、外部システム (JIRA、Salesforce など) で処理される外部アクションは、Orchestrator でアクションを作成して、そのアクションが完了するまでワークフローを中断することができます。そうしたアクションはフォーム スキーマによる制限を受けず、可視化されません。アクションが完了すると、入力されたデータはワークフロー変数にマッピングされます。
アクションの割り当ては外部で行われます。そのため、外部アクションをユーザーに割り当てることはできません。
外部オートメーションでアクションを完了できない場合は、ユーザーが該当の外部システム内で実行される操作に基づいて外部アクションを完了できます。外部アクションを完了するには、アクションに対する編集権限と、関連するフォルダーへのアクセス権限が必要です。

For details about the generating process, click here.

Data Labeling actions

Data Labeling actions handle user input to identify data, coming from attached files, and add specific labels to it. The labels indicate what the data is about. These labels are later used to train ML models in AI CenterTM. Data labeling actions, based on classification, allow users to select one or more classes. Data labeling actions based on (NER) Named Entity Recognition, allow users to recognize specific entities in data.

When you select Submit inside the Data Labeling action, you save the labels that will later appear in AI Center.

You can create a Data Labeling action either through the Create Labeling Task activity, or by selecting Send to labelers. You can find the Send to labelers button in AI Center, in the Data Labeling page, inside the Label tab.

For details about the generating process, click here.

ドキュメント検証アクション

ドキュメント検証アクションは、自動データ抽出の結果をレビューおよび修正するためのユーザー入力を処理します。
Document validation is performed in Orchestrator using the validation station. At action creation, document data is uploaded into a storage bucket, enabling the user to act upon it. Upon completion of the action, the validated extracted data is downloaded, and the workflow resumes. To delete the downloaded data automatically, check the Remove Data from Storage box in the Wait For Document Validation Action And Resume activity.

For details about the generating process, click here.

ドキュメント分類アクション

ドキュメント分類アクションは、ドキュメント分類をレビューおよび修正するためのユーザー入力を処理します。
Document classification is performed in Orchestrator using the classification station.
At action creation, document data is uploaded into a storage bucket, enabling the user to act upon it. Upon completion of the action, the validated classified data is downloaded, and the workflow resumes. To delete the downloaded data automatically, check the Remove Data from Storage box in the Wait For Document Classification Action And Resume activity.

For details about the generating process, click here.

🚧

重要

Amazon および Azure のストレージ バケットへの Web ブラウザー アクセスは、クロス オリジン リソース共有 (CORS) とコンテンツ セキュリティ ポリシー (CSP) の設定により制限される場合があります。
Web アプリケーションで識別されたエンティティを許可する必要があります。
CORS と CSP の設定方法について詳しくは、こちらをクリックしてください。

 

アクションのステータス


次のアクション ステータスを利用可能です。

  • 未割り当て - アクションが生成されており、どのユーザーにも割り当てられていません。
  • 保留中 - アクションが割り当てられ、ユーザーの検証を待っています。
  • 完了 - アクションは検証済みです。完了すると、検証を取り消すことはできません。

2 か月前に更新

アクションについて


改善の提案は、API リファレンスのページでは制限されています

改善を提案できるのは Markdown の本文コンテンツのみであり、API 仕様に行うことはできません。